leaders messageリーダー挨拶

リーダー挨拶

「学ぶから使うへ!!」English Partners Leaderレイニー先生

もう英語を学ぶのはやめましょう。「中学英語で日常会話はできる」ということを聞いたことはありませんか。日本の学校英語教育で学ぶ文法や語彙量は、非常にレベルが高く、中学校卒業レベルで、日常会話に必要な知識を学んでいるのです。

でも・・・話せない。日本人は英語ができないのではなく、「会話」ができないだけなのです。
ではどうやったら会話ができるようになるの?

会話をするためには、まず「通じた」を実感することが第一歩なんです。 小さな「通じた」の積み重ねが、知らず知らずに「気づいたら話してた」になるのです。そのためにEnglish Partnersのレッスンでは受講者の皆さんの発話量をできる限り多くすることにこだわっています。

「英語に自信がないし、間違えたら恥ずかしい。。。」なんて方でも大丈夫!みなさんがリラックスして楽しくレッスンができるような雰囲気づくりを大切にしています。

レイニー先生

イングリッシュ・パートナーズ リーダー
レイニー先生
16歳でミュージカルの勉強の為、単身渡米。高校はボストンのWalnut Hill Schoolに、大学はロスにあるCalArtsに行き、それぞれで演劇を学ぶ。アメリカでは、ミュージカル「CHICAGO」のスコットランドツアーを始め、「GUYS AND DOLLS」「SONGS FOR THE NEW WORLD」「CLOSER THAN EVER」など、数々の舞台に立つ。
19歳の時にミス日本コンテストに応募、準ミス日本‘03に選ばれる。その後、帰国し、バイリンガルMCとしてフジテレビ「ネプリーグ」をはじめとするTVやイベント、英語インストラクターとして活動。
2012年からは、「人狼ゲーム」をベースに役者が舞台でアドリブで芝居をする形式で話題の『人狼ザ・ライブプレイングシアター』にキャシー役で100回以上出演。
2018年からは、「英語×エンタテインメント」というキーワードに興味を持った女性達が、英語に関係する面白い事なら教育からエンタテインメントまで、何でもやってしまおうと集まったグループ「イングリッシュ・パートナーズ」のリーダーを務める。また、youtuberとして『レイニー先生の必ず役立つ英会話』(登録者数4万人以上) などでも活躍中。1児の母。叔父は作曲家で有名な都倉俊一、弟は、Jリーガー「セレッソ大阪」の都倉 賢。